【セレナC27】のナビに、アラウンドビューを映す方法(簡単な方法)!

自分の車を中心に周囲の様子が見える「アラウンドビューモニター」をご存知ですか?

私の車にも付いていますけど、買うときにそんなの「おもちゃ」と思っていたんですが、使ってみると実は秀逸だと思っています。

車の運転は結構自信あるんですけど、狭いところに駐車するときは結構苦労します。

セレナを、奥さんも使うときには、スーパーの駐車場に停めるときに楽になるのは間違いないですよ。

この記事では、【セレナC27】の純正ナビにアラウンドビューを写す方法を書いています。

スポンサーリンク

【セレナc27】アラウンドビューは、ちょっと見にくい

【セレナc27】に付いている「アラウンドビュー」は、インテリジェント アラウンドビューモニターと言って、「移動物 検知機能」が新たに付きました。

この「移動物 検知機能」っていうのは、セレナの周囲を動いているもの。

例えば

近づいてくる人や自転車など、絶えず移動している対象物を検知して、教えてくれるものです。

つまり、ドライバーの死角や、意識していない方向から近づいてくる人や自転車を、教えてくれるんです。

なんと、すごいです!

集中力って、絶えず完璧に維持するのは難しい!

そんなところを、補ってくれるからすごい!

こんな、素晴らしい【セレナc27】アラウンドビューなんですが、一つ気になるところがあります。

それは、【セレナc27】で、アラウンドビューが表示されるのは、メータ内にある7インチのディスプレーなんです。

日産では「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」と呼んでいます。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

この表示画面は、7インチのディスプレーなんです。

一般に市販されている2DINタイプのナビと同じサイズなんですが、ちょっと奥まっているので、視覚的には、やや小さく感じてしまい、見難さが強く感じられます。

インテリジェント アラウンドビューモニターが秀逸なだけに、この見難さはなんとかしたくなります。

もっと手間にある9インチのナビ画面に表示させたいと誰しも思ってしまいます。

実は、セレナe-powerなら、純正ナビに表示できるようです。
スポンサーリンク

【セレナc27】ナビにアラウンドビューを映す方法(簡単!)

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

この見栄えの差は、一目瞭然です!

前モデルのC26では、純正ナビに映せたので、余計気になっちゃいます。

変換ハーネスなどで有名なデータシステムなどが市販している「C27セレナのアラウンドビュー専用の変換ハーネス」というものを、取り付ければ解決します。

この「変換ハーネス」を使えば、純正カーナビや社外カーナビにも、アラウンドビューを表示させることができるんです。

注意点としては、純正カーナビでも種類があるので、「変換ハーネス」はナビに合わせて選ばないといけません。

「変換ハーネス」のメーカーサイトなどで、「適合表」を見てよく確認しないと、取り付けられないので、良く注意してくださいね。

両方合わせて、1万円ちょっと。

まあ、これを取り付けるというのは、自動車に詳しくないとDIYするのは難しいという話もありますが、めげないでいいです。

自分の周りの車に詳しい友人や、カーショップに勤めている友人がいればオッケ~です。

慣れている人なら、ハーネス追加ぐらいは、1時間もかからないです。

それでも、自分で取り付けるのが面倒と思っている人や、周りに詳しい友人が居ない場合はどうしたらいいか?

はい、簡単解決方法!

  1. デーラーに持ち込む
  2. 近くのカーショップに相談する

1の場合は、営業マンとの関係が深ければ、うまくすればただで付けてくれます。

私の場合は、たいがいこの方法で解決します。

2の場合は、取付工賃が発生しちゃいます。

工賃がいくらになるかは、カーショップとの相談になっちゃうので、はっきりとは言えません。

作業時間から推測すると、1万円くらいですかね?

「変換ハーネス」も、そのカーショップで買っちゃえば、トータルで見てもらえることもありますよね。

スポンサーリンク

【セレナc27】のアラウンドビューの機能と仕組み

2018-06-08_17-58-59-311

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

【セレナc27】のアラウンドビューは、フロントカメラリヤカメラ左右サイドカメラの4つのカメラで写した映像を合成して、セレナの周囲を上から見下ろしたような映像にしています。

この上から見た視点ていうのは、ちょっと慣れないと見にくいというか、脳内の情報処理とズレが出るんですけど、一度なれちゃうとあとはすんなり見れます。

この映像合成技術って、すごいです。

DSC_3479

この画像は、デイズのサイドカメラの位置を示していますけど、どの車もサイドミラーの下部に設置されています。

撮影範囲内の移動物(人や自転車)などもしっかり表示されます。

狭い駐車場に止める際などは、もうアラウンドビュー無かったら、停められなくなっちゃうと言っても過言じゃないですよ。

DSC_3510

アラウンドビュー見ながら停めると、ラインにピッタリ水平に停車もできちゃうんですよ。

DSC_3513

車両後方の立体構造物も、きちんと再現されているところがすごいでしょ!

日産セレナの「インテリジェント アラウンドビューモニター」は更に進化して、周囲で近づく人や自転車などの移動物を検知して、ドライバーに知らせてくれます。

人間って、絶えず5感を研ぎ澄ましているなんて、はっきり言って無理!

バックしようとしていたら、車両後方に意識が集中しちゃいます。

そんなときに、車両の側方から近づいてくる自転車とか、結構見落としがちです。

それを「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、ドライバーに「気をつけろよ!」と教えてくれるんですから、すごいと思いません?

【セレナc27】ナビにアラウンドビュー表示はオススメです!

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

このとっても秀逸な【セレナc27】アラウンドビューが、メーター内の7インチでスプレーでは、ホント見にくいと感じると思いますよ。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

メーター内の「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」は、サイドミラーとほぼ同じ高さで、視点移動時には、ちょうどいいんですが・・・

DSC_3512

デイズのインテリジェントルームミラーに表示されているアラウンドビューを見ているような感覚で、ほんとうに見にくいです。

DSC_3509

同じ映像でも、やっぱりナビに表示されると大きくて見やすいです。

これが、わずか1万円で実現できるなら、

【セレナc27】ナビにアラウンドビュー表示は絶対オススメです!

DIY苦手なときは、お近くのカーショップに相談してみると良いですよ。

【セレナC27】のナビに、アラウンドビュー まとめ

今回は、【セレナC27】のアラウンドビューが、 インテリジェント アラウンドビューモニターとして進化したのに、表示されるのがメーター内の「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」で、ちょっと見にくく感じるというお話。

でも、この「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」自体7インチのモニターなんで、本当はそんなに小さくないんです。

でも、すこし奥まっていて、アラウンドビュー自体の情報量が多いため、どうしても注視しようとするために、小さく感じてしまうんですね。

しかも、セレナの場合、もっと手前に9インチのカーナビがあるわけで、「なんでナビに表示しないんだ」と思うのが心情です。

そこで、今回はナビにアラウンドビューを表示させる方法について、書いてみました。

この記事書いて思ったのは、新型セレナ(C27)の先進安全装備って、インテリジェント アラウンドビューモニター以外にも、

  • プロパイロット
  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェント ルームミラー
  • インテリジェント パーキングアシスト
  • ハイビームアシスト
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント
  • 車線逸脱防止支援システム
  • 標識検知機能
  • インテリジェント
  • ふらつき警報
  • 車両接近通報装置
  • ビークルダイナミクスコントロール

注:すべてメーカーオプション

など盛り沢山!

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

こんだけ、安全に配慮された新型セレナは、購入候補第1位だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする