【セレナ】のメーカーオプション・ディーラーオプション人気2018

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

kousiki003

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

今回は、【セレナ新型】のオプションについて書いてみます。

【セレナ新型】人気のメーカーオプションとディーラーオプションとその価格情報。

さらに人気ランキングと、購入時に選ぶべきオプションについて、調べてみました。

オプションは、値引きの道具にも使えますが、下手をすれば価格のアップにもつながるので、予算に余裕がなければ、厳選しないといけないです。

スポンサーリンク

【セレナ新型】人気のメーカーオプションと価格

【セレナ新型】人気のメーカーオプションですが、メーカーオプションはディーラーオプションと違い、後付できないので、慎重に選ばないといけません。

まず、検討すべきは「セーフティパック」です。

セーフティパック」は、ABCと3つあります。

セーフティパックC」がベースになります。

「セーフティパックC」セレナ S専用:64,800 円(消費税込)

2018-07-06_21-53-12-785

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

安全装備とコストのベストバランス。

セット内容

  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
  • インテリジェント DA(ふらつき警報)
  • フロント&バックソナー
  • ヒーター付ドアミラー

もっとも安価に買えるセレナ「S」をチョイスしたときには、必須とも言えます。

中でも「アラウンドビューモニター」はとっても便利で、これならバック駐車が苦手なママさんでも安心です。

「セーフティパックA」:113,400 円(消費税込)

2018-07-06_21-53-36-786

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

家族の安全を守る先進安全装備をフルパッケージ。

セット内容(セーフティパックCに、以下を追加:対C価格差48,600円)

  • SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
  • ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、クルーズコントロール、オーディオ)

予算に余裕があったら、「セーフティパックA」までは付けておいたほうが良いと思います。

「セーフティパックC」との価格差は、僅か48,600円です。

5万円弱のアップで、カーテンエアバッグやサイドエアバッグ、自動で駐車してくれるインテリジェント パーキングアシスト、クルーズコントロールが付いてくれるのは、家族の安心度大幅アップです。

これは、絶対買いだと思います。

「セーフティパックB」:243,000 円(消費税込)

2018-07-06_21-53-52-706

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

高速道路 同一車線自動運転技術「プロパイロット」までもプラス。

セット内容(セーフティパックAに、以下を追加:対A価格差129,600円)

  • インテリジェント ルームミラー
  • 電動パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド
  • プロパイロット
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

「セーフティパックB」になると、「セーフティパックA」との価格差も129,600円と、かなり高くなります。

「プロパイロット」以外は、別にあえて付けたほうが良いという感じはしないですね。

「プロパイロット」も、興味本位で付けたけど、だんだん使わなくなるといった口コミも見かけるので、「セーフティパックB」はあまりオススメではない気もします。

便利そうなんだけど、使い勝手が悪い「ハンズフリーオートスライドドア」は要らない

「ハンズフリーオートスライドドア」:91,800円

2018-07-06_21-56-12-226

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セット内容

  • ハンズフリーオートスライドドア〈助手席側〉(挟み込み防止機構付)
  • サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ
  • 全ドア連動ロック機能
  • ドアストップ機能
  • 195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール(16x6.0J)、インセット45、P.C.D:114.3(5穴)

「ハンズフリーオートスライドドア」に関しては、タイムラグが大きすぎて使い勝手悪すぎという口コミが見受けられます。

S、Gグレードには、ワンタッチスライドドアが標準装備されているので、それで十分じゃないかと思われます。

スポンサーリンク

【セレナ新型】人気のディーラーオプションと価格

【セレナ新型】のディーラーオプションは、後付ができるので、購入時にあえて全部装着しなくてもいいです。

でも、最低限装着すべきものがあります。

雨の日にも便利な「プラスチックバイザー」

2018-07-06_22-59-59-377

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

【セレナ新型】の「プラスチックバイザー」:27,216 円(取付費・消費税込)

「プラスチックバイザー」は、雨や雪の日に吹き込みがなく換気ができるすぐれものです。

ちょっとした曇度目なら、エアコン無しでも可能になります。

愛煙家の方なら、雨の日でもタバコの煙を車外に出せるので便利この上ないです。

「プラスチックバイザー」だけは、購入時に必ず付けましょう。

何はなくても「フロアマット」

2018-07-06_23-05-15-321

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

【セレナ新型】の「フロアマット」:52,704 円(取付費・消費税込)

「フロアマット」は、社外製でも良いとお考えの方は多いのですが、純正の「フロアマット」なら走行中にずれることはまずありません。

走行中に「フロアマット」がずれると、アクセルやブレーキペダルのしたにずれ込むと、ブレーキが効かなかったり、アクセルが戻らなかったりとかなり危険な状態になります。

心臓が止まるような思いをしたくないなら、純正の「フロアマット」を装着しておくべきです。

「ナビレコお買い得パック(MM518D-L)+ETC2.0」も外せないかな

2018-07-06_23-17-17-097

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

「ナビレコお買い得パック(MM518D-L)+ETC2.0」:324,000 円(取付費・消費税込)

ちょっと、お値段貼りますが、付けておいて良いと思います。

AndroidAuto対応のMM518D-L純正ナビと、ドライブレコーダーとETC2.0車載器のセット。

純正ナビより、社外ナビのほうが良いよというのならそれはそれで構いませんが、これら全部最初からついていたほうが面倒くさくはないので、私はおすすめします。

純正ナビで、「AndroidAuto」「AppleCarPlay」対応なのは、お値段高いけど「MM518D」だけです。

スポンサーリンク

【セレナ新型】のオプションパーツの人気ランキング

ネットでグーグル先生などに聞くと、【セレナ新型】のオプションパーツの人気ランキングがいろいろでてきますね。

まあ、だいたい総じて見ると

ランキング1位:純正ナビ

【セレナ新型】人気のディーラーオプションで、おすすめナビパックとして、

「ナビレコお買い得パック(MM518D-L)+ETC2.0」:324,000 円(取付費・消費税込)をおすすめしましたが、も少し予算に余裕があるなら、「ナビレコツインモニターパック(MM518D-L)+ETC2.0」がおすすめです。

2018-07-06_23-46-07-009

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

「ナビレコツインモニターパック(MM518D-L)+ETC2.0」:425,260 円(取付費・消費税込)

10万円ほどアップになりますが、後席専用モニター(ルーフ取付タイプ:11インチワイドHD液晶モニター)が付きます。

家族でロングドライブのシーンでは、子どもたちを飽きさせないためには、結構役に立ちますよね。

ランキング2位:ドライブレコーダー

最近は、煽り運転などで注目を集めているのが、ドライブレコーダーです。

まあ、社外品のほうがもっと高機能なので、あえて純正?と思われるかもしれませんが、納車時から使える便利さを考えたら、純正のドライブレコーダーを装着するという選択肢は十分あります。

それでも社外品というのなら、リヤもしっかり映るリヤカメラ付きが良いですね。

 

ランキング3位:セーフティパック

上でも述べましたが、セーフティパックを選ぶなら

「セーフティパックA」:113,400 円(消費税込)がおすすめです。

セット内容

  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 標識検知機能(進入禁止標識検知)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
  • インテリジェント DA(ふらつき警報)
  • フロント&バックソナー
  • ヒーター付ドアミラー
  • SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉
  • インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
  • ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、クルーズコントロール、オーディオ)

ランキング4位:快適パック

2018-07-07_00-02-43-546

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

「快適パック」:37,800 円(消費税込)

■セット内容

  • スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉
  • パーソナルテーブル〈セカンド・サード左右〉
  • カップホルダー12個
  • USB電源ソケット〈セカンド・サード各2個〉
  • セカンドシート 超ロングスライド+横スライド
  • サードシートスライド
  • シートバックフック8個
  • シートバックポケット〈運転席・助手席〉(スマートフォン・タブレット収納付)

ランキング5位:ベーシックパック

2018-07-06_22-59-59-377[5]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ドアバイザー要らないと言う口コミを見かけますが、ドアバイザーの実力を知ったら、これは外せないです。

単品でつけるよりも、パックがオススメ

「ベーシックパック」:98,280 円(取付費・消費税込)

■セット内容

  • プラスチックバイザー(アクリル製、1台分)
  • ナンバープレートリムセット+ナンバープレートロック
  • フロアカーペット(エクセレント:吸遮音・消臭機能付:1台分)

【セレナ新型】の人気オプション まとめ

今回は、【セレナ新型】の人気オプションと言う記事を書いてみました。

「セーフティパックA」:113,400 円が狙い目ですねぇ。

これは外せないと思います。

あと、ワタシ的には、「ベーシックパック」:98,280 円ですねぇ。

ドアバイザー要らない説もあるけど、必須説も多いです。

ドアバイザーの効力は絶大なんですけどねぇ。

あとは、ナビこれパックですねぇ。

予算に余裕があるなら、「ナビレコツインモニターパック(MM518D-L)+ETC2.0」:425,260 円がおすすめですね。

これら全部足すと、636,940円

ん~結構行きますね!

さて、どんだけ値引きしてもらえるか?ですね。

セレナがほしい!

セレナの新型は、ワンペダルドライブのe-powerが登場!

異次元の走りが気持ちいい!

バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキインテリジェント パーキングアシストプロパイロットがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

 

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

セレナ新型には、高速道路の自動運転や、ボタン押すだけで駐車してくれる機能までついています。

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は、高すぎる~」
  • 「頭金少し入れれば、ボーナス払いなしでなんとか買えるかも」
  • 「値引き交渉が時間かかって、めんどくさいよね」
  • 「たくさんディーラーを回る元気や時間がなかなかね~」
  • 「しかもディーラーの売り込みがしつこすぎるのも嫌よね~」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたいのが本音ですよね~」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
なかなか購入のアドバイスは教えてくれませんよね~

欲しい車を安く手に入れる方法なんて、誰も答えてくれません。

財布を握った奥さんに相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とにべもないですよね。

違うっ!そうじゃないんだ!

セレナのこれがほしいんだよ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、自動運転とか運転しやすさが格段に向上していて、

やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする