【セレナC27】のバッテリーの寿命と交換時期、価格について調べる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

2018-06-26_16-33-03-714

http://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/SERENA_SPECIAL/index.html#!visual

セレナC27】は、通常のエンジン車と、ハイブリッド車と、e-POWER車の3つのエンジン型式があって、それぞれバッテリーの数も形式も価格も違うんです。

しかも、一般的なバッテリーと、アイドリングストップ車用のバッテリーでは、価格そのものが大きく違います

バッテリーの寿命から見た、ランニングコストも車選びには大事なポイントになるので、この記事を起こしています。

スポンサーリンク

【セレナC27】の車種別特徴

【セレナC27】Sグレード

2018-06-26_15-52-35-680

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナC27】のSグレードは、ノーマルエンジン仕様で、アイドリングストップも設定されていない、シンプルな構成です。

そのため、バッテリーもアイドリングストップ対応の高価なバッテリーではなく、一般的な安価なバッテリーが採用せれています。

【セレナC27】S-HYBRID

s-hyblid001

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナC27S-HYBRIDは、モーターとエンジンで駆動する一般的なハイブリッドではなく、積極的にアイドリングストップを活用して、燃料を節約しようというハイブリッドシステムです。

アイドリングストップを活用するために、バッテリーは少し高価なアイドリングストップ対応のものとなっています。

しかも、メインとサブの2つのバッテリーを搭載しています。

【セレナC27】e-POWER

e-power003

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

セレナC27e-POWERは、駆動をモーターのみで行い、エンジンは充電と駆動モーターの電力供給にのみ使用されます。

【セレナC27】e-POWERの駆動モーター用のバッテリーは、専用のリチウムイオンバッテリーで、通常の使用の仕方であれば、交換の必要はありません。

ただし、e-POWERシステムの起動用に、一般的なバッテリーを搭載しており、こちらは定期的な交換が必要になります。

スポンサーリンク

【セレナC27】の車種別バッテリーの種類と形式

【セレナC27】Sグレード

ノーマルエンジン仕様の【セレナC27】Sグレードは、アイドリングストップが装着されていないので、ノーマルなバッテリーが装着されています。

【セレナC27】Sグレードのバッテーリー

  • 形式:55B24L
  • 5時間率容量:36 Ah
  • サイズ:W129×D240×H203 mm

【セレナC27】S-HYBRID

【セレナC27】S-HYBRIDでは、アイドリングストップの頻度を高めて、燃費の向上を狙っているために、バッテリーは2つ搭載しています。

【メイン】

  • 形式:S-95
  • 20時間率容量:75 Ah
  • サイズ:W173×D260×H225 mm

【サブ】

  • 形式:K-42
  • 20時間率容量: 33 Ah
  • サイズ:W127×D187×H227 mm

【セレナC27】e-POWER

【セレナC27】e-POWERは、モーターのみで駆動しているために、大容量のバッテリーが必要になるため、駆動用にリチウムイオンバッテリー、システム起動用に鉛バッテリーを搭載しています。

【メイン】

  • 形式:リチウムイオンバッテリー
  • 容量: 1.8 kWh
  • サイズ:不明

【サブ】

  • 形式:55B24L
  • 5時間率容量: 36 Ah
  • サイズ:W129×D240×H203 mm

スポンサーリンク

【セレナC27】の車種別バッテリーの寿命と交換時期

6879b4bca03a6097c588f1131ea3785d_s

鉛バッテリーの寿命は、3~5年と言われています。

毎日乗っていれば良く充電されて、割と長持ち

たまにしか乗らないなら、放電ばっかりなので、寿命が短くなる

愛車の使用頻度によって、バッテリーの寿命は変わってくるので、一概には言えません。

ある朝突然エンジン始動不可と言う災難に見舞われないためには、3年毎か車検ごとに交換というのが、一つの目安になっています。

【セレナC27】Sグレード

ごく一般的なバッテリーを使用している【セレナC27】Sグレードでは、一般的には3~5年と言われていますが、エンジンの掛かり具合が悪くなったと思ったら、3年以内でも交換の時期と言えます。

【セレナC27】S-HYBRID

【セレナC27】S-HYBRIDには、S-95(メイン)とK-42(サブ)の2つのバッテリーが搭載されています。

大きな電力消費に対応するのが、S-95(メイン)バッテリー

アイドリングストップの再始動に対応するのが、K-42(サブ)バッテリー

と、使い分けがあるようです。

寿命については、鉛バッテリーであるので一般的な目安は、3~5年になります。

2つのバッテリーは、同時交換が望ましいです。

純正バッテリーを使っていると、ランニングコストバカにならないですね。

【セレナC27】e-POWER

【セレナC27】e-POWER車になると、バッテリー事情は少し変わってきます。

駆動に関わるメインバッテリーは、リチウムイオンバッテリーです。

このメインバッテリーは、通常に使っている範囲では、車が壊れるまで交換する必要はなさそうです。
 

ただ、サブバッテリーの55B24Lは、システム起動用なので、バッテリが死ぬと走行できなくなります。

サブバッテリーは、鉛バッテリーであるので一般的な目安の3~5年での交換が望ましいですね。

【セレナC27】の車種別バッテリーの交換費用

【セレナC27】e-POWERのリチウムイオンバッテリーは、車両の乗り換えまで交換する必要はまず生じませんが、それ以外の鉛バッテリーに関しては、定期的な交換が必要になります。

でも、バッテリーを交換する際に、メーカー純正バッテリーに交換する必要はないんですよ。

メーカー純正バッテリーは、正直言ってめっちゃ高いからです。

社外品のバッテリーでも、規格があっていれば使って良いんですよ。

ただし、バッテリー交換時はリセットが必要になるので、最終的にはデーラーにお世話になるようにはなります。

【セレナC27】Sグレードのバッテリー「55B24L」の交換費用

 

 

【セレナC27】Sグレードのバッテリー「55B24L」の価格は、3000円~6000円程度になります。

交換費用は、500円~1000円程度ですが、リセット費用は別途になる場合があります。

【セレナC27】S-HYBRIDのバッテリー、S-95(メイン)とK-42(サブ)の交換費用

 

 

やはり、アイドリングストップ対応のバッテリーになると、高くなりますね。

メインのS-95で、14,000円~18,000円くらいになります。

 

 

サブのK-42 になると、バッテリーサーズも小さいせいか、6,000円~9,000円程度になります。

交換費用は、500円~1000円程度ですが、リセット費用は別途になる場合があります。

【セレナC27】e-POWERのバッテリー「55B24L」の交換費用

【セレナC27】e-POWERのサブバッテリーは、【セレナC27】Sグレードのバッテリー「55B24L」と同じなので、交換費用は3000円~6000円程度になります。

交換費用は、500円~1000円程度ですが、リセット費用は別途になる場合があります。

【セレナC27】のバッテリー交換したら、リセットをお忘れなく

セレナに限らず、最近の車はいろいろな部分をコンピューターで制御しています。

バッテリーに関しても「放電電流積算」と言う記録をコンピューターが管理しているので、この値をリセットしないといけません。

この作業を怠ると、新品のバッテリーに交換したのに、車載コンピューターは使い古しのバッテリーと判断しちゃいます。

この、コンピューターのリセットは、必ずしもデーラーでないと出来ないというわけではありません。

バッテリーをネットで安く手に入れても、自分で交換できないという方は、お近くの持ち込み対応しているカーショップ等にお願いするわけで、そこにリセットできる端末があれば、リセットしてもらえます。

【セレナC27】のバッテリー交換のまとめ

”【セレナC27】のバッテリーの寿命と交換時期、価格について”記事を書いてみました。

今回記事を書くに当たり、調べていると意外な事実に突き当たりました。

それは、バッテリー交換により生じるランニングコストです。

ノーマルエンジン車の【セレナC27】Sグレードと、シリーズハイブリッドの【セレナC27】e-POWERの定期的交換が発生するバッテリーは、安価なアイドリングストップ非対応のバッテリーで済みます。

ところが、【セレナC27】S-HYBRIDにおいては、アイドリングストップ対応の高価なバッテリを使用しており、しかもメインとサブの2個のバッテリーを定期的交換するという意外な事実。

【セレナC27】e-POWERと【セレナC27】S-HYBRIDで比べた場合

  • 車両の価格差が40万くらい。
  • 平均燃費が、26.2km/Lに対して、17.2km?L。
  • バッテリ交換費用が、3000円~6000円に対して、20,000円~27,000円。

この【セレナC27】e-POWERと【セレナC27】S-HYBRIDの違いは、悩みどころの気がしますね。

初期投資を抑えるか、ランニングコストを抑えるか

難しい判断とも言えますね。

セレナがほしい!

セレナの新型は、ワンペダルドライブのe-powerが登場!

異次元の走りが気持ちいい!

バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキインテリジェント パーキングアシストプロパイロットがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

 

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

セレナ新型には、高速道路の自動運転や、ボタン押すだけで駐車してくれる機能までついています。

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は、高すぎる~」
  • 「頭金少し入れれば、ボーナス払いなしでなんとか買えるかも」
  • 「値引き交渉が時間かかって、めんどくさいよね」
  • 「たくさんディーラーを回る元気や時間がなかなかね~」
  • 「しかもディーラーの売り込みがしつこすぎるのも嫌よね~」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたいのが本音ですよね~」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
なかなか購入のアドバイスは教えてくれませんよね~

欲しい車を安く手に入れる方法なんて、誰も答えてくれません。

財布を握った奥さんに相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
とにべもないですよね。

違うっ!そうじゃないんだ!

セレナのこれがほしいんだよ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、自動運転とか運転しやすさが格段に向上していて、

やっぱりいいですよ!

 

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする